事の初めは、イギリスのブリーダーさんが猫を飼い始めた事。

「日本へ送ってあげるわよ!」

もともと猫好きの私の、何処か深いところで 小さく小さく燈ってしまった灯り。

これが3年前。

 

< 犬との生活で、神経質そうな猫が上手くやっていけるのか? >

躊躇するのはこの事。

我が家は特に多くの犬がリビングを占拠しているので、こんな環境に猫が馴染むとは思えない。

背中を丸めて「フー」

手を目いっぱい「パー」にして・・・・目をギラギラさせるだろう。

猫から見ればこの環境はまさに地獄絵巻だろう。

猫にとって安住の地とは言えまい。

そう思い、やはり猫は断念。

 

しかし・・・・・しかし・・・・・縁とは不思議なものでして・・・・

 

昨年、どうしても気になる猫の里親募集がありました。

とても個性的な子で、動じない性格は犬もOKらしい。

何とかしてその猫を引き取りたかったので、関東まで面接に行く予定にしていたけれど、

近郊で探したい…との事でダメだった。 

里親募集というカテゴリーにいる子はどうも難しい。

 

で、もんもんとしながらも、欲しい猫種は決まる。

「縁があれば来るかな?」と言いながらも、日本に専門的に繁殖しているところが無いと判明。

猫種はブリティッシュロングヘア。

日本ではブリショと呼ばれるブリティッシュショートヘアが主流で、ロングヘアは劣勢なので

ごくごくたまにショートヘアの両親から生まれるようです。

 

種類を決めてもなかなか手に入らないと分かり意気消沈。

 

海外から輸入することも考えたけれど…やはり子猫じゃないとね・・・・

 

探しに探して・・・日に数時間探しまくって・・・

とうとう我が家の子を見つけました!

年明けに新幹線に乗り迎えに行ってきましたよ!

 

ブリティッシュロングヘアの「プリンス君」

体重も来た時の倍に成長しました。1580g

本当に可愛い~~♪

 

犬が大好きなプリンス君。

本当に迎えてよかった~~~

 

FullSizeRender

思った通りに可愛すぎる! 

心配していた我が家のワンコとの関係も、来た日から「ばっちり」。

 

 

 

犬も猫もずっと仲良しのような雰囲気で遊んでいるので、私の3年間の悩みは何だったのか・・・?と

時間を無駄にした感じがするほど。

 

悩む前に、とりあえずやってみることも大事だと思いました。

 

これから時々プリンスネタも書かせてもらいます。

犬猫の共栄共存も素晴らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

▲TOP